Tuesday, December 05, 2006
穴埋め係

1年前に1ヵ月だけ手伝う約束をしたレストランで、なぜか2回目の年末を迎えようとしています。
11月から1月半ばにかけては、クリスマス・パーティーや新年会で予約帳がいっぱいになり、年内で1番忙しい時期。店の知名度もそれなりにあるので、予約なしの飛び込みを含めて、1晩に100人以上の客をさばいています。

ところがですね、エスプレッソ・マシンでまともなコーヒーが作れて、スタンダードなカクテルの知識があって、レジのコンピュータに導入されてるプログラムが使えるスタッフが、あたしともうひとりの男性マネージャしかいないわけですよ。しかもそのマネージャは朝の開店から入ってるんで、どんなに忙しくても定時の9時ピッタリに帰宅するんですね。
そうなるともうアレです。想像を絶するくらい忙しい。

団体が注文したコーヒーのオーダー40杯くらい抱えながら、「10人だけど別会計で」とゴネるオバさんグループに殺意を隠して笑顔で対応し、ボトルでワイン注文したテーブルに音速でコルクを抜きに行ったら、その足でクレームが出たテーブルで米つきバッタのように頭を下げて、バー行ってシェーカー振りまくってコーヒー仕上げて予約の電話取って料理運んで「いらっしゃいませー」

あたしは中国雑技団か。

ちょっと前まではコーヒーが得意だったり、カクテルがある程度作れるスタッフがいたんですが、彼らはみんなイギリスから来た長期滞在者だったんですね。で、南半球はこれから夏で気候が良くなるんで旅に出てしまい、残されたのはほとんど未経験の新人ばかり。

しかも先日、オーナーと男性マネージャのミーティングが大ゲンカに発展し、マネージャが店を飛び出したまま行方不明になる事件が勃発。
結局、翌日以降も連絡が取れないまま彼は店にも出てこなかったので、急遽あたしが開店閉店の14時間シフトを担当し、帰宅後は担当してる月刊誌の原稿を泣きながら徹夜で書くことに。

こんなことしてたらマジで命が危ない。

先週末になってやっと男性マネージャが戻ってきたんですが、もうアホらしくなったので、日曜にあたしは正式に退職願いを出しました。
だいたい、「どうしてもお願い」と頼まれるとイヤと言えないタイプなので、結局いつも他人が掘った穴を埋める作業に従事してしまうんですが、これじゃイカンと思うわけですよ。たまにはあたしが掘った穴を他人に埋めてもらってもいいのではないか。周りだって好き勝手やってるじゃないか。

んでもって今夜、店にオーナーから電話がありました。

「時給ドカーンと4ドル上げるから辞めないで。どうしてもお願い」

・・・引き続き、他人の掘った穴を埋めることになりました。
ああ、Noと言える日本人になりたい。



7 comments | コメントを書く

7 comments:

ヨヨ said...

言って4ドルだったらデカいじゃないすか!
私は冬のボーナスが異常に少なくてガッカリ。
赤字部署に配属されたのは私の意志じゃなのにさ~(プリプリ)。
まあ出るだけいいんすけど。

昨日メール送ったんすけど、アドレスが正しいかナゾです。
来てなかったら、今度某月刊誌の会社のほうに送っときます。

12/05/2006 10:08 AM

Envy said...

> ヨヨさん
4ドルでかいよね。心が揺らぐよね。穴埋めでもいいよね・・・。
っつーかカネで妥協した自分に、もう愛想がつきました。

メール届いてました。どうもです。アレやらコレやらいろいろと報告することも多いし、時間見つけて返信しますんで。

12/05/2006 12:07 PM

ayumiblack said...

NOと言える日本人…
そうなりたいと思っても、頼まれると断れないよね…。
私もいまだにNOと言えずにズルズル人間ですよ。

けど時給4ドルって言ったら、一日の給料もかなりかわるし大きいよね~
それは仕方がないよ
私も辞めないかも…

只今金欠のためデパートでバイトしてるんだけど接客業って本当大変!
客でもいろんな人がいるからね~
ストレス溜まるよね…

12/05/2006 1:26 PM

Cha Cha said...

>>>あたしは中国雑技団か。

パチ、パチ、パチ、拍手ーなんて、冗談言ってる場合じゃありませんね。

ほんと、すごい、忙しそうじゃん。この時期ってただでさえ、家族とか友達とか外食する機会多いもんねー。しかし、毎晩100人裁くってすごい。

でも4ドルも時給あげても、いてくれって、こういうお仕事のなかなかないわよー。やっぱり、もう少しがんばるか。なんか、これじゃ、過労死する前のサラリーマンだね。身体、気をつけて。。。

12/06/2006 11:51 AM

Envy said...

>Ayumiblack さん
スゴイ。デパガじゃないですかー。
接客業って、仕事内容が1日でほぼ完結し、翌日に持ち越さなくてもOKって点では気楽なんですが、客によっては「アンタ、最初からケンカ売りに来たんじゃないの?」と言いたくなるくらいワケのわからない人もいて、精神的に疲れます。
ま、今回は残ることになりましたが、来年1月末の退職は決定なので、あとちょっとの辛抱。それでも憂鬱だけどね・・・。

> Cha Chaさん
パン用のサイド・プレートから始まって、オントレ、メイン、デザートと、最低でもひとりにつき4枚の皿を使うので、客が100人なら皿は400枚。
そのうちの半分以上は、自称"千手観音"のあたしが出したり下げたりしてるような気がします。

そのうち皿が回せるようになったら、マジで違う業界でデビューできるかもしれません。

12/06/2006 9:04 PM

cavacavien said...

>4ドル・・・
辞めなかったenvyさんは正しいです。きっぱり、そう言える。ワタシなんか計算すると時々、自給300円くらいだったりしますもん。くぅ。。。

次に辞めたくなったら、オーナーに談判して給料3倍にしろって言うといいですよー。(10倍は無理かもしれないけど2~3倍は可能な範囲だったり、ね!)

12/08/2006 6:17 PM

Envy said...

> Cavacavienさん
4ドル昇給したのはよかったんですが、それ以降、さらに遠慮なく上からガンガン仕事を押し付けられて、もう中国雑技団どころの話ではなくなってきました。

「どうせなら2、3倍の給料をふんだくってやれ」と周囲からも言われてるんですが、仕事量も比例して増えたら物理的に処理が不可能。次は念力ですかね。

12/11/2006 10:17 AM