Tuesday, November 28, 2006
銀河系クリスマス

いよいよ年末が近づいてまいりました。
日本のクリスマスは、恋人と街の電飾眺める→シャンパン→豪華メシ→ケーキ→ヤルが今や正しい過ごし方になっているようですが、日本にいた頃から、あたしはロマンティックなクリスマスなんてしたことありません。

どうせDJなんて、恋人たちを盛り上げる電飾のようなもの。

特にクリスマス・イヴなんかクリスマス企画モノCDの賞味期限がギリギリなわけで、あたしみたいにレコード屋と契約してたDJはゲロを吐く寸前までクリスマス・ソングをかけ倒さなければならず、あれは苦行でした。

逆にニュージーランドではクリスマスは家族と過ごすのが定番。帰省で国内最大都市のオークランドからも人がいなくなり、街中がガラーン状態になります。さらに追い討ちをかけるように、クリスチャンが経営する個人商店はおろか、スーパーマーケット、飲食店までもが店を閉めるので、クリスマス前に買い物をしておかないとマジで飢えて死にそうになります。

一般人が飢えるクリスマスってどうなのよ。

ま、飢えようが無宗教だろうが、ツリーや電飾を目にするとなぜかワクワクしてしまうわけですが、先ほど、ワクワクどころか心臓がバクバクしそうなクリスマス・サイトを発見したのでご紹介しましょう。

Alek's Christmas Decorations Webcams for Celiac Disease

このサイト、数日前にDiggのトップにランキングされたんですが、何がスゴいって、運営者の家に取り付けられた2万個以上のクリスマス電飾が、ネット経由でリモコン操作できるんですよ。
もちろん家の前にはカメラが設置されていて、世界中でこのサイトを見ているユーザたちがスイッチをバシバシ切替えるたび、それに反応して気が狂ったように点滅を繰り返す電飾の様子がリアルタイムで楽しめます。

まさに銀河系クリスマス。

リモコン操作が可能なのは17:00から22:00 MSTの5時間。日本だと朝9時からの5時間ですね。企画は来年1月1日まで続く予定で、しかも電飾は今後もクリスマスにむけてさらに増強されるとか。
Diggでは「これぞWeb2.0ならぬクリスマス2.0である」と大絶賛の嵐。

ところでこのサイト、実はある病気の医療研究費の募金呼びかけを目的に運営されています。運営者の2人の息子たちも患っているこの病気は、以前あたしもこのエントリで書いたことのあるセリアック病
小麦や大麦に含まれるグルテン(たんぱく質)に耐性を持たない体質になってしまう病状で、薬物療法にも効果が期待できない難病として知られています。サイト・トップにDonationボタンが設置されているので、銀河系クリスマスを楽しんだあとはぜひ募金をどうぞ。

それにしてもアレですね。あまりに点滅が激しくて、近隣に住む方々の精神まで病んでしまうんじゃないかと心配です。
ウチのそばにも別名"クリスマス通り"と呼ばれる、この季節になると道沿いの家が競い合うように電飾をつける道があるんですが、年々エスカレートしてきて、ここ数年はバアちゃんが聖歌隊呼んで路上コンサート開くは、ドサクサにまぎれて自宅前で通行人にホットドッグやコーヒー売りつける奴まで出現するは、スゴいことになってます。

ああ、今年もあと1ヵ月ちょっとか・・・。

4 comments:

Cha Cha said...

あ、サイト見ましたよ。電飾、サイコー。あの、超人ハルクとか、むくむくと大きくなるビデオを見て、思わず爆笑。ここまで、がんばるあなたは偉いって感じ。

ウチも、クリスマスっていうと、クリスマスソングだけのラジオ局を車でかけて、同乗の家族に嫌がられております。おまけに一緒に歌ってたりして。。。

でもさ、これって時期限定だもん。やっぱり、やらなくっちゃ。ってこういう人がいるから、DJやる方も大変だろうね。すみません。(爆笑)

いやぁ、クリスマス命の私は、早速、サイトをブックマークして、あとで、ちょくちょくチェックしましょうって。。。ほんと、これって怖いよね。

11/29/2006 10:57 AM

Envy said...

> Cha Chaさん
スゴいでしょー。ビカビカでしょー。

でも、医療費や研究費の募金集めサイトって、「ウチの子はこんな病魔と戦っているんです!!」的な、闘病記録が延々と書かれているものが多い中、このアイデアは秀逸だと思います。

クリスマスだもの。楽しくなくちゃね。

11/29/2006 9:07 PM

ヨヨ said...

> 恋人と街の電飾眺める→シャンパン→豪華メシ→ケーキ→ヤル

そんなクリスマス過ごしたことねえー!
あ、でも「ヤル」はあります(ぷっ)。

私の従兄弟で昔アラスカに住んでた家族がいて、
あっちのクリスマスはすごいから、帰国後に千葉の住宅街でも
向こうの電飾とか飾ってたらしいんですよ。

そしたらご近所が真似しだして結構エライ事になって、
十数年前でしたから当時は珍しくって、観光スポットに
なっちゃったらしいです。

で、子供も独立したし辞めようかな~と思ったらしいんですけど、
毎年見物客が来るから辞められなくなり・・・今もやってます(笑)。

envyさん家の近くのあの通りも、「千里の道も一歩から」
なんでしょうねえ・・・。

ところで。
1Fのイタリア人のおっさんのカフェ、なくなっちゃったんですか?

たまたまMJ絡みの情報を探してたら、(たぶん)今のデザイナーさんの
ブログに行き着いてそこで見ました。

世界は動き続けてますねえ(小さっ!)。

12/01/2006 8:51 PM

Envy said...

> ヨヨ さん
ヤルだけのクリスマス・・・。ま、そこへ到達するまでのプロセスが省略されただけで、結果は同じだから悲観することはありません。

期待されるとイヤと言えない、クリスマス電飾を極めたアラスカ帰りの従兄弟さんに、自分と同じ匂いを感じます。
あたしが電飾激戦区に住んだら、ミエとサービス精神でクリスマス電飾破産しそうです。

ええと、MJ関連ブログですが、それは今をときめく敏腕編集長さんのブログではないでしょうか・・・。
そーいや、なぜかヨヨさんのメアドが探しても見つからないので、こちらに一発メール送っていただけませんか。宜しくお願いします。

12/02/2006 11:04 AM