Monday, March 27, 2006
パーティーの惨劇

エコエコアザラク 昨夜はあたしの職場であるChicaneと、旦那の元職場であるSpongeの合同スタッフ・パーティーでした。
先週あたりから旦那に「全員仮装して参加しなきゃいけないらしいから、テーマを考えておくように」と言われ、職場でも「ぜひAustin Powersに出てきたようなアホ日本人女子高生の仮装で登場して欲しい」などとリクエストされていたので、チェックのミニ・スカートに白シャツ、白ヴェスト、紺のジャケット、襟元にはリボンを結び、髪をツイン・テールに。小道具にも気を使い、黒の四角いバッグの端からぬいぐるみの顔をのぞかせ、気味の悪い女子高生風スタイルでいざ会場へ。

旦那は全身黒づくめの服装で顔からアタマにかけて黒い布を巻き、目だけをのぞかせて"忍者"を装っていましたが、気合の入り具合があたしとは全然違い、「とりあえず旦那には圧勝」という感じ。

パーティーのために自宅を提供してくれた常連さんの家へ着くと、あたしたちが最初のゲストのよう。入り口でホストが暖かく迎えてくれましたが、あたしの風貌を見てホストがあからさまにドン引き。隣にいた旦那はさっさと顔を覆っていた布を外して、"全身黒服の普通の人"に戻ると、あたしにホストと話すスキを与えない勢いで玄関先で世間話を始めました。

何かがおかしい。

その直後、背後にスタッフを満載した車が3台停まり、車内にはハラを抱えて笑い転げているスタッフの姿が。しかも、全員が普段着。

やられた・・・。

ホストの存在なんかどーでもよくなり旦那に向き直って詰問すると、パーティーの企画が持ち上がったと同時に、ウチの旦那の策略であたしにだけ仮装させるために全員が口裏を合わせていたことが判明。それを聞いて、ヒーヒー笑いながら玄関先に座り込む事情を知らなかったホスト。

30女に制服着せてそんなに楽しいか。コラ。

結局、参加した約20人中ひとりだけ異様な風貌でウロつくのに耐えられず、最初から最後まで仮設DJブースで延々とレコードを回し続け、ほとんど誰とも会話しないまま帰宅。おかげでまったく楽しめませんでした。
ゴリラとかウサギなんかの仮装だったら逆に全然気にならなかったのに。

旦那とは昨日の夜から一言も口をきいてません。冗談にもほどがある。

コ ノ 復 讐 ハ、イ ツ カ、 カ ナ ラ ズ。



4 comments | コメントを書く

4 comments:

Cha Cha said...

いやぁ、やられましたな、爆笑。。。。。そうそう、このオースティンパワーズの日本人女性、このイメージはアメリカでも、強い。こんな人、日本にはいないといっても、分かってもらえないのだ。しかし、気合入ってるねー。

そういえば、娘のハロウィーンパーティーに浴衣を来ていったことぐらいですね、仮装は。。。最近、40歳目前、デブ気味の私には、女高生の格好はさすがに無理っす。。。。悲しい。でも、Envyさん、まだまだ、若いですよ、こういうのが、できるうちは。。。。

いやぁ、まだ、笑える。見てみたかった。

3/28/2006 1:26 PM

genta said...

是非写真を。。見たい見たい見たい。
しかし笑える。自分も床で笑い転げたかったです。

3/28/2006 3:49 PM

Envy said...

> Cha Chaさん
出発前に改めて自分の姿を鏡で見ましたが、かなり異様でした。あんなカッコができたのは、若さではなくただの勢いだったとしか考えられません。
「みんな仮装して来るし、バカなのは自分だけじゃない」と言い聞かせたのに、行ってみたら自分だけがバカだったという事実・・・。あぁ・・・。

>Genta君
心はボロボロに傷ついていましたが、カメラを向けられて逃げたらヒクツに見えると思い、ヤケクソになって超ギャル・ポーズで何枚か撮られました。そのうち誰かがメールで送ってくるかもしれません。たぶん、魔よけにしかならないと思います。

3/29/2006 12:19 AM

ジャパワイフ said...

オースティンパワーズの日本人というと、あの双子のフクミ&フクヨですか??
私もその姿是非見てみたかったな?。
って、大分たったこんなときに言ってしまったらまた怒りが蘇っちゃいます??
ゴメンナサイ。。。

4/06/2006 10:55 AM