Saturday, April 08, 2006
隣人との戦い

飲んでも性欲ぐらいコントロールしろ あたしが住んでいる建物は1920年代に建てられた木造建築。10近くの寝室を持つ大きな一軒家だったものが改築されて4つに区切られており、それぞれに独立した玄関を持つユニットが1階に2軒、2階に2軒あります。つまり、見た目は一軒家なんだけど、アパートのように4世帯が暮らしてるってことね。
ウチは裏庭に面した地上階なのですが、ウチの真上のユニット3に越してくる人たちにマトモな人がいたためしがありません。常に常識のない変人ばかり。

歴代のユニット3の住人には、深夜になっても客の出入りが絶えないドラッグのディーラー、ガールフレンドが24時間殴られっぱなしのDVカップル、趣味の悪い歌謡曲を大音量でタレ流す音楽センスゼロのカップルなどがいましたが、現在は近所でブティックを共同経営している男女が事務所として利用しています。
この2人、ユニット3を住居として使っているわけではないので静かな夜もあるのですが、週末になると飲みに行った帰りに女性が知人を大量に連れてきて、ドンチャン騒ぎのやりたい放題。

ま、あたしも家でDJする際はかなりの音量を出すこともあるので、他人の騒音に関してはあまり口出ししないようにしてますが、周囲が寝静まった深夜に10人以上酔っ払いが集まるとマジでうるさい。
先週、ガマンの限界を感じたウチの旦那が、昼間に女性をつかまえて文句を言ったばかりでしたが、何事もなかったように昨夜もパーティーは開かれました。

深夜3時。あたしがリヴィングでTVを観ていたら、足を踏み鳴らすように2階への階段を上がる複数の足音と声高の話し声が聞こえたので、パーティーが始まると直感。その後、人数分の椅子を用意しているのか、フローリングの床の上を遠慮なくガガガガと家具をひきずる音が続き、ほぼ同時にDoorsのCDが大音量で鳴り始めました。

またかよ。

すでに全員が酔っ払いらしく、とにかく話し声がデカいうえ、2メートルしか離れていないTVの音声がまともに聞こえないほど音楽がうるさい。すぐに文句を言いに行ってもよかったのですが、30分だけは待ってやろうと思いそのままTVを観ていました。
すると、しばらくして裏庭に面した壁のあたりでゴツ、ゴツ、ゴツという妙な音が聞こえ始めたんです。そこにはあたしのバイクが停めてあったので、イタズラされたらたまらないと思いあわてて玄関から飛び出すと、下半身丸出しの男が、あたしのバイクにつかまった女とコトの真っ最中でした。

「アンタらは犬か」

あわてて身を離す2人を前に、逆に冷静になってしまったあたしはそれだけ言って、ためらうことなくAuckland市役所の騒音苦情センターに電話。15分後には駆けつけた担当官によって厳重注意のうえパーティーはお開きになりました。
週明けには不動産屋にも連絡して、本気で追い出そうと思ってます。

今度こそマトモな人が越して来ますように。



4 comments | コメントを書く

4 comments:

Cha Cha said...

ひぇー、下半身丸出しの男性とアブナイ酔っ払い女性。これは、怖いね。見たいようで、みたくない。。。(爆笑)

はやいとこ、追い出したほうが良いでしょう。しかし、なぜに、そこだけヘンな人がはいるのか????

4/11/2006 1:13 PM

Envy said...

> Cha Chaさん
この事件以来、Unit3は静かになりましたが、今回は警告どまりだったらしく、不動産屋は追い出すつもりはないようです。

逆にもう一度派手に暴れてくれると本格的に追い出せるんですが・・・

4/12/2006 1:43 PM

ジャパワイフ said...

ご近所関係大変ですねぇ。
不動産やさんも、大事な収入源ですし、そうそう追い出しにかかったりはしないんでしょうね。でも、もうすぐ夏だしお引越しのシーズンになるのでは??これもまた期待できませんかね・・・。

4/13/2006 7:31 AM

Envy said...

> ジャパワイフさん
そうなんです。確かに夏は引越しシーズンになり移動する人が多いのですが、なんせこちらは南半球なのでこれから冬に突入なんですよ・・・
あー、早く出て行って欲しい。

4/13/2006 2:31 PM